藤枝で人気がある仏壇の種類とは

身内で亡くなった人があった場合、それぞれの家庭で仏壇を新しく買い求めるということはあるものです。藤枝での購入であれば、割と仏具店をはじめとした葬祭関連の業種も豊富にありますので、気に入った店舗で選べばよいでしょう。もしもその店舗において人気の種類をみつけた場合ですが、香炉や燭台などといった仏具とセットで販売されていることや、あらかじめ定価よりも安い価格が設定されていることなどもあります。したがって、他の製品を買い求めるよりも、メリットが大きなことが多いといえます。こうした人気のある種類の製品というのは、ある程度は地域によっても傾向が決まっているものです。店舗に向かう前に、藤枝ではどうなのかを軽くリサーチしておくと、スムーズに購入することができます。

唐木、上置きタイプの製品が人気

藤枝はちょうどかつての東海道の宿場町にあたるところであり、もともとさまざまな産業が集まりやすい素地はあったといえます。静岡県内では伝統的に雛人形やたんす、下駄といった木製品の製造はさかんでしたが、特にそうした技術を応用した仏壇の製造は、戦前、戦後を通して発展をみたところです。なかでも、上置き型とよばれている、どちらかといえばコンパクトで、たんすの上などにも置くことができるタイプの製品で、なおかつ、木材の木目を生かした唐木づくりの製品というのは、地元での製造も多く、人気のものとなっています。これは質素を重んじる禅宗のひとつである曹洞宗が多いという地域の傾向ともマッチしているため、需要と供給とがバランスよくかみ合わさって、息の長い人気をつくりだしています。

最近はモダンなタイプも注目される

藤枝での人気の仏壇といえば、唐木、上置きタイプということになりますが、最近では、従来の伝統を大きく変えるような、モダンなタイプのものにも注目が集まっています。曹洞宗の場合であれば、派手に金で装飾されているようなタイプを除き、それほど仏壇の様式にはこだわらず、地味な外観であれば種類を問わない傾向にありますので、宗派的にもモダンタイプでも支障はないといえます。このようなタイプは、西洋風のライフスタイルが一般的となった現代の日本の住宅にもマッチするように設計されたものです。一見すると、ふつうの家具や物入れとあまり見分けがつかないようになっていますが、きちんと先祖を敬い祀るという目的を果たせるようになっていますので、和室がないために購入をためらうという必要がありません。

本像の修復は、職人の手により、本来の彩色、正装に忠実に美しく仕上げます。 唐木仏像の修復は、職人の手により、カケや傷も補修して、色やツヤなども統一します。 関東型のお仏壇は、棚板を補強し全体の色ツヤも統一します。 お仏壇のやまきではさまざまなアフターサービスもご提案いたします。 お仏壇のやまきではお客様満足度99.7%を誇ります! お仏壇のことでお困りのことがありましたら、是非ご相談ください。 藤枝で仏壇のサポートいたします